耳の病気

中耳炎について


鼓膜の奥の空洞である中耳に炎症が起こる中耳炎には急性と慢性があります。急性中耳炎は上気道炎などに伴って小児によく起こることで知られています。耐性肺炎球菌や耐性インフルエンザ菌などの感染によって難治性となることはありますが、抗菌薬の発達した現在では合併症を起こさずに治癒させることが比較的容易です。

これに対して慢性の経過をたどる中耳炎には、滲出性中耳炎、癒着性中耳炎、慢性(化膿性)中耳炎真珠腫性中耳炎などがあり、難治性のものも少なくありません。いずれも難聴が主な症状で、後二者ではしばしば耳漏を伴います。難聴と耳漏が出てもそのままにしている患者さんがときどきいますが、真珠腫性中耳炎の場合、放置するとめまい、罹患耳の聾、顔面神経麻痺、髄膜炎、頭蓋内膿瘍などの重篤な合併症を起こす危険性があり、早期に的確な診断・治療を受けることが必要です。

 

耳の構造
耳の構造