顔面神経麻痺について

顔面神経と耳鼻咽喉科というのは一般の方にはちょっと結びつきがイメージできないと思いますが、この神経は脳から出た後、側頭骨という耳の骨の中を通り、耳垂(耳たぶ)の付け根から顔面に出るので、全て耳鼻咽喉科が扱う範囲にあります。このため顔面神経の病気は耳鼻咽喉科で取り扱うことになります。


1)顔面神経麻痺の成因

大きく分けて2つあります。脳の中に何らかの異常がある場合(中枢性顔面神経麻痺)と、顔面神経が脳から出た後に障害され発症する場合(末梢性顔面神経麻痺)です。耳鼻咽喉科の治療と対象となるのは末梢性顔面神経麻痺のほうで、顔面神経麻痺の大半を占めています、その原因の多くはウィルス感染(単純ヘルペスウィルス、水痘帯状疱疹ウィルスなど)で、その他の疾患としては耳下腺腫瘍、中耳炎、頭部外傷による側頭骨骨折などが挙げられます。


2)症状

主症状は片側の顔の筋肉(表情筋)の麻痺で、笑ったり話をしたりするときに顔がゆがんで見えます.顔面神経の枝は,涙腺や舌前方の味覚も支配しているため、涙の減少、味覚の障害がでる場合があります。顔面神経と聴神経(聴こえの神経、平衡神経)は隣りあって走行している部分もあるため、難聴やめまいを伴う場合もあります。水痘帯状疱疹ウィルス感染による麻痺では、耳痛や耳介の水疱が出現することもあります


3)検査・診断

麻痺のない反対側の動きと比較して、例えば閉眼、口元の動きなどがどのくらい麻痺しているかをチェックし、重症度を判断します。先に述べましたように、顔面神経麻痺の原因のほとんどがウィルス感染ですが、中耳炎、頭部外傷、耳下腺腫瘍、脳の中の病変など他の原因疾患が疑われる場合は、診・触診・CTMRI検査などで調べます。


4)治療

治療は副腎皮質ホルモン薬(ステロイド薬)、抗ウィルス薬、ビタミン薬、循環改善薬の投与を行います。麻痺の程度が中等度以上である場合、持病がある場合などは一般的に入院での加療を勧め、入院期間見込みは2週間程度です。発症後、おおよそ1週間以内にしっかりとした治療が出来ると、多くの場合はほとんど後遺症を残さず治ります。治るまでの期間は人によって異なり、数週間から数ヶ月かかります。治りが悪いときは麻痺発症後2週間ほど経過した時点で、神経を刺激する検査を行い予後(治る見込み)の判定をします。この検査で治りが悪いと判定された場合は手術治療を行う場合もあります。顔面神経は耳の後ろの骨(側頭骨)の中の長いトンネル内を走行し、耳たぶの付け根のところから骨の外に出て顔の筋肉に分布します。手術治療では神経にかかっている圧力を軽くするため、側頭骨を削って顔面神経を開放する手術を行います。

この疾患は早く治療するほど治る可能性が高くなりますので、顔の動きがおかしいと感じられたら、まずはすぐにお近くの耳鼻咽喉科のある医療機関で診察を受けることが重要です。麻痺の程度が強い場合にはステロイド薬の大量投与が必要ですので、入院設備のある総合病院での治療が望まれると思います。顔面神経麻痺自体は生命には影響ありませんが、顔の表情は人間が社会生活を営む上でたいへん重要であり、万が一後遺症として残ると大きなストレスになります。早期にしっかりした治療を受ける必要がある病気です。