慢性副鼻腔炎

病原微生物による慢性化膿型やアレルギーを背景にした二つのタイプの慢性副鼻腔炎に主として分けられます。

治療はタイプにより抗生剤、消炎酵素剤、抗アレルギー剤、点鼻薬の処方と鼻洗浄などを組み合わせた保存的治療をまず行います。治療抵抗性を示す場合には内視鏡下鼻副鼻腔手術を行います。当科では原則として手術は全身麻酔下での内視鏡手術を行っており、以前行われていた口から切開する手術方法は行っていません。