鼻アレルギー

アレルギー性鼻炎は、鼻の病気の中で頻度が高く、水様性鼻漏、反復性くしゃみ発作、鼻閉を三主徴とする鼻炎です。アレルギーは体の中に入ってきた異物を体の外に出してしまおうとする生体防御反応と考えられます。アレルギー反応はすべての人に起こるのではなく、侵入してきた異物に過敏に反応する人には起こりやすく、その結果起こる病気がアレルギー性疾患です。従って、アレルギー性鼻炎は呼吸とともに吸い込んでしまう空気中の微細な物質が原因となります。その代表的なものが通年性であるハウスダスト(家の塵やその中のダニ)やカビの胞子と、季節性であるスギ花粉やイネ科花粉やブタクサ花粉などです。花粉が原因で鼻や眼に起こるアレルギーを「花粉症」と呼んでいます。

 

治療法としては、抗原の回避減感作療法、薬による治療、手術療法に分けられます。花粉の回避法としては花粉予報に注意して、花粉量が多い日は外出せず、窓やドアを閉めることです。外出の日は花粉用マスクが有効です。家のホコリが抗原の場合はたたみ、毛布、マットレス、じゅうたんをよく直射日光にあて、乾燥させたりして、ダニを取り除くことです。現在、抗アレルギー薬の内服や点鼻治療などの多くの薬が利用できるようになってきています。最近は眠気などの副作用が少ない抗アレルギー薬も多く開発されるようになりました。治療目的と症状をあわせて、適切な薬を選択することが必要です。花粉症のように症状発現が予測できる場合は、症状が発現しないように予防的な薬の使い方をするほうが有効です。保存的治療が無効な場合には手術的治療を行い、アレルギー反応の場である下鼻甲介を切除したりします。また下鼻甲介を支配する神経を切断する手術も行っています。